新しい葬送の形…樹木葬墓地のすすめ

ごく最近登場した新しい葬送の形として、樹木葬というものがあります。樹木葬では、墓石の代わりに樹木などを植えて墓標とし、遺骨はその根元の土に直接埋葬します。墓地を作るための整地により自然を破壊するということがないので、環境にもやさしい葬送として注目されています。樹木葬が注目されている理由は他にもあります。その一つは、何某家の墓、というものに入りたくないという人が急増しているという事情があります。特に、夫の家の墓に入りたくないという人が多いようです。しかし、だからといって自分のためだけに墓地を買ったとしても、その継承を子供や親しい人に押し付けて負担を与えたくないという場合、やはり樹木葬を選択するのが一番ではないでしょうか。また、子供がいない場合や単身の場合も、残された人にできるだけ負担をかけたくないという理由で樹木葬を選ぶ人が多いようです。

よく似た埋葬方法に散骨というものがありますが、樹木葬の場合は散骨とは異なり、どこでも好きなところへ骨を撒いていいわけではありません。樹木葬は、墓地として許可された場所にしか遺骨を埋葬できないことになっていますので、その点は注意が必要です。但し、墓地埋葬法に沿った埋葬方法であるため、散骨のように遺骨を細かく砕くというような配慮は必要ありません。また、樹木葬墓地は、通常の墓地の一角に作られることが多いため、その墓地を運営するお寺などで永遠に管理してもらえるという利点があり、残された人に負担をかけることもありません。私も、つい最近までは樹木葬という言葉すら知らなかったのですが、たまたま目にする機会があり、気になって調べてみたところ、自分がもっとも理想とする葬送の形であることに気がつきました。もともと、嫁ぎ先のお墓に見ず知らずの御先祖様と一緒に埋葬されることには大きな抵抗があったのですが、かといって自分だけのためにお墓を購入する気にもなれず、まだまだ先のこととはいえどうしたものかと気になっていたのです。また、墓石の下に骨壺に入ったまま納められるのも抵抗がありました。骨と言えばほとんどがカルシウムですが、自分の身体を形成していたカルシウムを、きちんと地球に還したいという気持ちがとても強くありましたので、直接土の中に埋葬するという樹木葬は、私の希望にもピッタリでした。

現在はまだお墓のことを具体的に考えるような状況ではありませんが、いずれ考えなければならなくなった時には、迷わず樹木葬を選ぼうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です