墓地のルーツから今の現状について

墓は基本的に墓石、墓碑でありこれを指して墓といいます。現在では墓の集合体、集合地が墓地といわれております。尚、墓場という言葉もありますが、遺体が埋葬される場所である墓地と、刑死による刑場の意味があり、文脈や言葉を発する方の意思により意味するものが異なってきます。日本での特徴のある墓は沖縄でよくみられる亀甲墓や、破風墓などがあります。人は死後、再び母親の胎内に帰っていくという主旨で亀甲墓の形状はその胎内をかたどったものという意味があります。世界の人々が皆、墓を設けているというわけではなく、墓の習慣がない国もあります。例えば、ヒンドゥー教が多いインドやインドネシア、バリ島では、遺体を火葬した後に、遺灰と遺骨を川もしくは海に流します。また、ガンジス川にいたっては遺体そのものを流し水葬にし、墓を設けない文化も存在します。

日本でも最近は遺灰を海、墓地公園に散骨する方法が肯定されつつありますが、あくまでも法的に認められている訳ではありません。墓地は戦争前までは自身の所有地や、隣組などで墓を建てる実例がありました。しかし、戦争後は一般的に霊園といった地方自治体が管理している場所以外は、お寺や教会が保有管理しております。現在、都市部では墓をたてる場所が不足し、墓のあり方も考え方も変化しつつあります。ひとつはマンション式に分類される納骨堂などに骨壷を安置する方法です。また、日本や中国ではインターネットの普及率からウェブサイト上に仮想的に墓をつくり、本来の墓とは別に墓参や記帳ができるというネット墓なるサービスもうまれております。ネット墓は専門業者や寺院により運営されるケースが増えてきております。墓は現在では人間だけにあてはまらず、ペットが亡くなった際にペット霊園に埋葬されることが増えております。ペットの葬儀、ペットの火葬、納骨など大切な時間を過ごした大切な家族に最後の愛情表現として敬うことはとても大切なことだと感じます。墓石作りの職人という形で以前までは認識されつつありましたが、異業種の参入により墓地、墓石の競争の激化により現在では墓のあり方と墓地の確保、両面で以前よりも変化してきていることは承知のとおりだと思います。

これからも、用意する側のサービス上の変化、高齢化、人口縮小による消費者側の動向によりまたさらなる変化を遂げていくことが考えられます。今現在では今おこっている問題、これから起こるであろう問題を考える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です