墓地は先祖代々守ってきましたけれど事情が変わりつつあります。

樹林墓地に人気があるのです。遺骨を樹木の下に共同で埋葬する新しいお墓の姿に、関心が集まっているのです。全国的に問題になっているのは荒れてしまったお墓です。少子化、核家族化、お墓を守るのが難しいのです。その結果荒れ果てたお墓が、増えていくのが現実です。こうした中で共同墓地、墓石はなく、桜の木の下に直接遺骨を埋葬するのです。核家族は子供が巣立ってしまえば夫婦だけになります。そしていずれは独り身になるわけです。子供たちが介護することも出来ないという時代になっています。そうなると先祖代々のお墓を守ることが難しくなるということは仕方がないことです。そういった場合に樹木葬と言われる埋葬法であればいずれは土に帰るということになるのでしょう。共同墓地という新しいタイプのお墓が最近よく話題になります。つい最近若くして亡くなった、経済ジャーナリストは、自分の死後の葬儀なども事細かく準備し、お墓もしっかり選んであったということが報道されましたからご覧になった方もいらっしゃることでしょう。

自分がもしも最後のひとりであれば、全てを決めておかなければならないと考えます。かっても共同墓地はあったのですが、新しい共同墓地はそれとは全く違うものです。現在広まっている共同墓地はお墓参りする人がいなくなってもお寺などが、恒久的に供養を続けてくれる、永代供養墓と言われるものなのです。ということは、一人暮らしの人、家族がいない人、自分が亡くなったあとのことを心配しなくてもいいわけです。個人で墓を準備することに比べると経済的にも負担が少なくなります。核家族化で子供たちは遠く離れて、場合によっては海外に居住したりで、お墓の管理や、遠距離などのお墓参りは大きな負担になります。子供たちに迷惑をかけないようにしたいという考え方をする人は増えています。お墓にお金をかけるよりも、生きている時に楽しみたい、立派なお墓を作れないけれど自分のお墓は自分で決めておきたいものです。そういった要望に答えてくれるのが新しいカタチのお墓です。人生には何が起こるのか一寸先は闇です。ですから、一日でも早く自分のお墓のことは決めておくべきです。お墓参りに来る人がいないということで、外人墓地というお墓があるのを思い出しました。

ずいぶん昔に日本に来てなくなってしまった外国人のお墓や、船が遭難して外国でなくなってしまった船乗りのお墓など、特に外国人の多かった長崎とか神戸とか、有名です。こういったお墓はみんなで守っていくべきです。お墓について少し考えてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です