生前に墓地を確保するなら樹木葬も

人はいつか死ぬ時を迎えるものですが、その後にはお墓に入ることになります。しかし墓地に対する考え方は徐々に変化してきています。核家族が当然の社会となり、家を守るという考え方が希薄になってきており、お墓を守るという考えがなくなってきていることが要因の一つと言っていいでしょう。代々のお墓を守り通すということが負担に感じる人も増えてきていまず。例えば地方に実家があって、自分は都会で家庭を築いている場合など、お墓が地元にあっても、そうたびたび行ってお参りするわけにはいかないものです。掃除をしたり、お花を供えたり、お線香をあげたりと、お墓であればするべきことが、やりたくても出来ない物理的事情が出来てくるわけです。また、嫁姑問題を抱えている場合などは、同じお墓には入りたくないと考える人もいます。現在は、生きている間から墓地を用意しておくことが、静かなブームとなりつつあります。

生前に買っておいて自分が死んだときにはそこに埋葬してもらうように準備をしておくという訳です。墓地の価格も一時期と比較すると非常に安くなっていますし、残された家族があれこれ思案しなくても良いというメリットもあります。しかしお墓が残ることで、残された人たちはそれを守るという役割が生まれます。そんな負担を掛けることに心苦しさを感じる人は、新しいタイプのお墓を求めています。それが樹木葬という考え方です。墓石は存在せず、木の根もとに遺骨を埋葬し、長い年月の間に土に還るという埋葬方法です。その埋葬する場所を生前から予約しておくというやり方です。樹木葬の場合は、基本的に一つのお墓に1人だけが埋葬されることになります。ご先祖様などといった関係を考えなくて済むのです。残された人も守る必要はありません。墓石のある一般的なお墓を作ったとしても、守るものがいなくなれば、結局無縁墓ということになってしまい、周囲の人たちにも迷惑を掛けてしまうことがありますが、樹木葬であれば、1人だけのお墓ですから、そのまま自然に還っていくので、その心配がありません。また夫婦で同じところに眠りたいのであれば、となりの場所を確保するやり方もあります。

この方法ですと、残された人たちには全く迷惑をかけずに終末を迎えられるという訳です。地方自治体などが運営している墓地の中にも、樹木葬を受け付けてくれるところが出てきています。新しいお墓に対する考え方ですが、現代の家族のあり方からすると自然な流れとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です